FC2ブログ
社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
子供を守る?
20070423080327.jpgあまり嬉しい話題として、
 取り上げるわけではないんだけれど、
 「児童用の刃物に強いジャケット」
 販売だそうで・・・

子供を守る気持ちは、もちろん大切だけど、
 何故か反面、この様なものが売れる世の中になって欲しくないなという気持ちがこみ上げてくるのです。

アメリカの大学で起きた、銃乱射事件は、
 我々の感覚では、「アメリカは、銃のない社会をめざすべきだ。」と思いますけど、
 アメリカで銃を売っている協会などの論調は、
 「学生の中の一人でも、銃をもっていれば惨事は免れたかもしれない。」
 という論調が、まかり通っている様なので驚きです。
もし、日本で、
 この刃物に強いジャケットを子供に着せておいて、
 それにより、刃物で刺される被害から守られれば、それはすごいことだけど、

 これを買ったからといって、毎日これを着せるわけにも行かない?とか、
 校内では、上着は脱いでいるだろう?とか、
 逆に、そんなものを着ていることで、からかわれるんじゃないか?とか、
 刃物を通さないポリエチレンの素材は、その反面、燃えやすくて、
 火災などでは、逆に身を守れないのではないか?とか、
 素人考えですが、そんな単純な疑問も残ります。

これを買おうとする親は、
 取り急ぎ、このジャケットを手に入れさえすれば、
 自分の子供は、安全という気持ちを持てるのかもしれないが、
 このジャケットを我が子に着せる以外にも、もっと他に、先に、
 やることがあるような気もします・・・。

この様な商品を、たとえば、
 ストーカーに狙われて、身の危険を感じているような女性用に
 開発するのであれば、まだ、意味は分かるのですが・・・。

この子供用ジャケット、
 49,800円の販売で、ベスト付は、59,800円だそうで、
 初年度売上げ、10億円の売上げを目指しているそうだ。
コメント
この記事へのコメント
アメリカでは、銃乱射事件以降の方が、銃が売れているそうですよ。

日本では、児童について何か起こると先生の責任になって、先生が可愛そうと思うこともありますが、アメリカより健全な気がしますね。

ただこのジャケットは、子供に買わないで済む世の中であってほしいですね。
2007/04/23(月) 12:40:53 | URL | toshi16 #-[ 編集]
toshi16 さん、こんにちは!
>ただこのジャケットは、子供に買わないで済む世の中であってほしいですね。

まったくです!

でも、単純に考えて、
 もっと安い値段で、インナーで開発すれば、毎日来ていても、いいかもしれないが、
 59,800円しても、ジャケットだと、毎日来ているわけにも行かないし、学校では脱いでいるだろうし?
 どうなんでしょう???
2007/04/23(月) 13:14:34 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.