FC2ブログ
社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
石綿(アスベスト)の健康被害の一般拠出金
石綿(アスベスト)による健康被害を、労災として救済するための拠出として、
 今年、4月の労働保険料の申告から、「一般拠出金」の申告・納付が始まります。
 保険料率でいうと、「1,000分の0.05」。
20070307182555.jpg
金額でいうと、一事業所あたり、人件費が、
 一億円の事業所なら、年間 5千円、
 一千万円の事業所なら、年間500円、
 100万円の事業所なら、年間 50円と
 わずかな負担ではあります。
しかし、申告書に上記の一行が、増えます。
 そのために、今まであった既存の予備の申告用紙は使えなくなります。
 それらのために、どれだけの国庫が使われるのだろうかと、考えてしまいました。
法律の趣旨としては、
 「アスベストは、全産業の基盤となる施設、機材等に幅広く使用されてきた。
  アスベストを使っていた建設業者や、メーカーだけが負担するのではなく、
  すべての事業主に一般拠出金として負担いただく。」
 と言う様な事を、上手い言い方で言っているのでしょう。
 額も少額だからそれほど、反対も出ない・・・。

0.00005 の拠出のために
 国は全国で、説明会を行ったり、パンフレットを作ったり、
 申告書の用紙を印刷し直したり、ソフトウェアを作り直したりと、
 どのくらいの費用がかかるのだろうかと思ってしまいます。

まさか、
 頭のいい人たちは、そのことによって、
 印刷業界が儲かるとか、ソフト業界が儲かるとか、
 それによって景気が良くなり、雇用が拡大するとか、
 そんなことまで考えているんじゃないでしょうね?
 (^^;)
コメント
この記事へのコメント
まさか
この「まさか」も言い訳としてはちゃんと考えていることは明白です。
2007/03/09(金) 08:34:05 | URL | SH #-[ 編集]
SH さん、こんにちは!
やっぱり、ですか!?
(@_@)
2007/03/09(金) 08:44:57 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.