FC2ブログ
社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
年齢の数え方?
ドカターさんから、

以前から疑問に思っていたのですが、2月29日生まれの人って
年齢とか誕生日とかってどうしているのでしょうね?

   ・・・というコメントを頂いていました。

意外と知られていないんですけど、
 日本の法律で、年齢は、誕生日ではなくて、
 「誕生日の前日」に満年齢を迎えてる
 ことになっているんですよ。(^^;)

「年齢計算ニ関スル法律」 明治35年12月22日施行
 (1) 年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス

 出生の日(誕生日)から、起算することになっているので、
 365日後は、誕生日の前日です。
 誕生日の前日に、満年齢に達するんですね!

さらに、ご丁寧に、

「年齢のとなえ方に関する法律」 昭和25年1月1日施行
(1)この法律施行の日以後、
 国民は、年齢を数え年によって言い表わす従来のならわしを改めて、
 「年齢計算に関する法律」の規定により算定した年数によって
 これを言い表わすのを常とするように心がけなければならない。
(2)この法律施行の日以後、
 国又は地方公共団体の機関が年齢を言い表わす場合においては、
 当該機関は、前項に規定する年数又は月数によってこれを
 言い表わさなければならない。

   ・・・となっているのです。
  「心がけなければならない」とは、努力義務だし、罰則もないようだから、
  そうしなくてもいいのかもしれませんね?(余談)

だから、
 4月1日生まれは、入学が、早生まれになっちゃうでしょ!
 3月31日で、満年齢に達しているという事ですよね。

たとえば、
 65歳から請求できる年金は、当然、誕生日の前日から請求できます。

ある市役所など?では、
 40歳から受けられるものを、誕生日の前日に提出したら、
 「明日が誕生日なので、明日来てください。」などと言われたことがあります。
 法律をタテに、(法律を説明してあげて、)当然、その場で申し込みました・・・。
 (^^;)
コメント
この記事へのコメント
へええええええーーーーーっ(^^)
勉強になりました。
4/1生まれは何故1つ上の学年になるのか不思議だったのも解決しました。
ありがとうございます。
2007/03/09(金) 13:59:58 | URL | NR #-[ 編集]
それでも
丁寧な回答ありがとうございました。
しかし、2月29日は4年に一度でありますので、29日生まれの人は翌年は28日として、翌々年は27日に誕生日を迎えるのですかね??? う~ん、ややこしい
2007/03/09(金) 15:19:39 | URL | ドカター #-[ 編集]
2月29日生まれの人は
民法143条第2項但書により、2月29日生まれの人は、毎年2月28日に年齢がひとつ上がるようになっているそうです。
このこととは、あまり関係ありませんが、今年40歳になる僕の姉は子供に自分の年齢をずっと20歳(ハタチ)で通しています。特に今年は、2回目の二十歳ということだそうです。
と言うことは、還暦の頃は3度目の二十歳?
2007/03/09(金) 17:53:25 | URL | namamapapa #-[ 編集]
namamapapa さん、こんばんは!
>2月29日生まれの人は民法143条第2項但書により、毎年2月28日に年齢がひとつ上がる

おっしゃるとおり!

民法143条第2項の但し書きは、
 2月29日生まれのことだけ想定してして
 作られているのではなく、
たとえば、
 5月31日午前0時に、お金を貸して、
 「1ヵ月後に返す」約束をした場合、
 「6月31日がないから、返さない!」みたいな、様々なケースに該当するモノですよね。

その場合も
 「起算日に応答する日の前日」で、返さなければならなく、
 「起算日に応答する日(6月31日)がないときは、その月の月末(6月30日)を期間満了(返済日)とすると、但し書きで定めたものです。

 法律っておもしろい。(^^;)v

>今年40歳になる僕の姉は
>子供に自分の年齢をずっと20歳(ハタチ)で通しています。

 うちの妻は、40歳になった後、39、38歳と下がってきているそうですよ。
(^^;)
2007/03/09(金) 19:58:11 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
ドカター さん、こんばんは!
>それでも、
>う~ん、ややこしい

 ボクが365日と書いてしまったから、ややこしいのかもしれません。
 namamapapaさんが、補足してくれた但し書きと、
 実は、民法140条の「初日不算入の原則」を先に理解しないとダメなのかもしれません。
 あと、最高裁判例もあるんですよね。

予告)こんど機会があったら、
http://tera1551.blog2.fc2.com/blog-entry-932.html
に書いておきます。
注意)しかし、このまま、お蔵入りするかもしれません。

 まあ、年齢は、誕生日の前日に上がると覚えていてくれれば、大丈夫です。
(^^;)
2007/03/09(金) 20:14:59 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
NR さん、こんばんは!
>4/1生まれは何故1つ上の学年になるのか不思議だったのも解決しました。

 ボクも、子供の頃、不思議に思っていました。
 身近な大人に聞いても誰も答えてくれないし・・・
 長年の疑問がとけて良かったです。
 (^^)/~
2007/03/09(金) 20:16:56 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
 話とは関係ありませんが、元巨人の桑田は、4月1日生まれです。
因みに、この年は2月29日がある年でした。
万が一ない年であれば、桑田は4月2日生まれとなってしまいKKコンビ(ふるい表現?)は結成されず、PLの黄金時代はなかったかもしれなかったのでした。
 テラ先生の説明した事項が、ちょっとでも違う法律が制定されていれば、全て無かったかもしれないと思うと、おもしろいなぁ~とおもったりしました。
2007/03/10(土) 06:47:19 | URL | toshi16 #-[ 編集]
知らなかった!
たまたま先日娘が同じ質問を投げかけてきたので、「深く考えること無いんじゃない?」と笑ってごまかしました。
今日早速教えてあげようと思います。
2007/03/10(土) 08:30:47 | URL | SH #-[ 編集]
SH さん、こんにちは!
>今日早速教えてあげようと思います。

 2月29日生まれの人とか、
 4月1日生まれの人とか、だけではなく、誕生日の前日に年齢が上がるということは、全員に関係することですからね(笑

 たとえば、40歳で退会する青年会があるとすれば、 1月1日生まれの人は、
12月30日まで、39歳。
12月31日まで、40歳になっているので、同じ年生まれの人より、早く卒業することになりますよね。
(^^;)
2007/03/10(土) 10:07:34 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
toshi16 さん、こんばんは!
>元巨人の桑田は、4月1日生まれです。

 実は、ボクもこの話題を書きながら江川投手のことを思い出していました。
 巨人と契約した「空白の一日」は、このヘンの民法の、起算日の読み違いから発生したのではないかな?と思ったりしました。

>KKコンビ(ふるい表現?)は結成されず、PLの黄金時代はなかった

 学年が違えば、2人とも最初から巨人に入団していたかもしれませんねぇ。
(^^;)
2007/03/10(土) 10:14:26 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
法律って面白くない。
>法律っておもしろい。(^^;)v
~そうでもないかも。

4月から、登記事項証明書等を「オンラインで請求する場合に限り、700円」になります。ところがなんとこれを規定する法律の下部規定が「送付」と定めているために、せっかく安くなっても3日もかかって郵送で手元に届くことになるのです。送料はサービスだといって威張るのですが、窓口に取りに行くと1000円だなんて、納得できますか?

社会保険関係のオンラインは資格者を活用した方式で進みつつありますが、登記関係のオンラインはちぐはぐだらけで、司法書士ががんがんに文句を言っていますが、ちっとも盛り上がりません。

登記そのものの仕事についても、権利証をなくして登記識別情報などというむちゃくちゃなものを使わせていますが、これぞまさしく第二のダム問題。ITゼネコンの談合の温床ですが、一生に一度か二度のことなので皆さんはあまり関心を持ってもらえません。

しかし、登記事項証明書は皆さんがいつも使うので身近なものですから、大いに文句をつけたほうがいいと思いますよ。

「送付」も交付の一部なんだから、便宜上、送付手続きを省いて、窓口で受領できるようにすればいいだけのことなのです。郵送料も手間も省けるのに、「予算をとっているから」といって、頑として認めない法務省と法務局の体質をもっと、みなさんから改善して言って欲しいと思います。

第百九十四条  前条第一項の交付の請求又は同項若しくは同条第二項の閲覧の請求は、請求情報を記載した書面(第二百三条並びに第二百四条第一項及び第二項において「請求書」という。)を登記所に提出する方法によりしなければならない。
2  登記事項証明書の交付(送付の方法による交付を除く。)の請求は、前項の方法のほか、法務大臣の定めるところにより、登記官が管理する入出力装置に請求情報を入力する方法によりすることができる。
3  送付の方法による登記事項証明書の交付の請求は、第一項の方法のほか、法務大臣の定めるところにより、請求情報を電子情報処理組織を使用して登記所に提供する方法によりすることができる。この場合には、請求人は、送付先の住所を請求情報の内容としなければならない。
2007/03/13(火) 13:57:56 | URL | canshake #mQop/nM.[ 編集]
テラ
>法律って面白くない。
>>法律っておもしろい。(^^;)v
>~そうでもないかも。

 確かにそうかもしれませんね!
 最近は、特に個人情報保護法とか、法律を作っている人の、配慮のなさというか、想定の甘さ、というか、つくづく感じることがあります。

 でも、法治国家だから、しょうがないか~ (^^;)
2007/03/13(火) 17:41:51 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.