社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「祭りだから・・・」、という高揚
こと、お祭りになると・・・、
 普段はやっては行けないことでも、「祭りだから・・・」という気分でやってしまうことがありますよね。
 トラックからはみ出るほどの、たとえば「大御輿」とか、「大鍋」とかを運送するのも、本当は道交法で、いけないんだけど、「祭りだから・・・」って、気分で運んでしまったり、

祭りの中には・・・、
 「けが人」が出るのも前提で、ヘタすれば「死人」が出るような危険な祭りもあります。

そんな中で・・・、
 日常であれば、飲酒運転が厳禁なのは当然のことですが・・・、
 そこに「祭りだから」という考えが加わったとき、どうなるかがちょっと心配ですよね。
テレビの取材なんかでも、
 漁港で、漁師仲間で、取れたての魚で、酒を飲んでいて、その後、軽トラに乗ってしまうようなシーン。
 さすがに今は、ディレクターが止めますけど、その地方では日常なんでしょうね。

外国の映画なんかでも、
 かっこよく夜のバーで飲んだ後、クルマに乗って帰るシーンだって、よく目にする様な気がします・・・。

ちょっと前から、ちょっと疑問なんだけど
 神社で、新車の「無事故祈願」なんかをしてもらうとき。
 ほんのちょっとだけど、杯に酒がつがれますよね・・・。

酒は・・、
 習慣や、文化の中にも、深く根付いているのかもしれません。
 クルマという文明の利器を便利に使っている人間。
 その二つを、どの地方でも、どんなシーンでも、100%徹底させることは、人間にとって非常にむずかしいことなのかもしれません。
 
 「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」という簡単な標語だけでは、全世界で守られないのかもしれない。

自動車メーカーには、
 酒を飲んだら、動かないクルマか、
 酒を飲んでもでも、「自動操縦」で帰れるクルマまで、発明する義務があるのかもしれません。
(^^;)
コメント
この記事へのコメント
どぶろく祭り
こんばんは。昨日TVのニュースで見たのですが、せっかくの「どぶろく祭り」なのにみんな蓋つきのタッパーみたいな入れ物持参で持ち帰っていました。今年から持ち帰りを認めるようにしたのだそうです。飲酒運転対策とはいえ何か興ざめですよねぇ?
2006/10/18(水) 19:51:50 | URL | ぷじょ~る #-[ 編集]
ぷじょ~る さん、こんにちは!
>どぶろく祭り

 実は、ボクもそのニュース見ました。

 今の、日本の世論から言入って、この祭りの主催者としては、やむを得ずとはいえ、そうすることは当然でしょうね。

 「今だから」、「日本だから」、「どぶろく祭りだから」このような対応になってはいますけど、時や、場所や、状況が変わる中でも、徹底してくことが、重要なんでしょうね。
(^^;)
2006/10/19(木) 08:35:55 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。