FC2ブログ
社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
厳罰化
いわゆる極刑反対の議論のなかで、
 「厳罰化しても犯罪は減らない。」と言う話を聞くのです。
 私には、全くこの意味がわからない。

 数年前に厳しくなった、飲酒運転だって、減っているだろうし、
 最近の駐車違反だって、減っているわけだ。

あまり話題になっていなかったが、
 働くことがイヤで、刑務所で暮らしたくて、通りがかりの女性のクルマの、ドアを開けて刺し殺してしまい、刑務所に入った事件があったと思う。
 こんな事が、まかり通るようであれば厳罰化するしかないだろう。

悪いことをする人は、
 いつも法の抜け道を考えているものだ。
 少年犯罪においても、「極刑になることはない。」、「無期懲役でも少年の場合、最短7年で出られる。」と、わかって犯罪を犯しているのだから、厳罰化すれば犯罪は減るはずだろう。

違うのかなぁ?
 まあ、今回の最高裁の判断は、できれば自判して欲しかったが、画期的な判決であって、今後の差し戻しの裁判が、速やかに進むことを願っています。
(^^;)
コメント
この記事へのコメント
同感です
各個人によって刑罰の認識が違いますよね。
モラルと言う観点からくわえタバコにすら罪を感じる人もいれば、自分の都合で平気で殺人を犯す人まで。

平気で殺人を犯したりする人には、もっとストレートに処分してもらいたいですね。

そして冤罪で捕まっている人の対処も同時に考えてもらいたいですけど。
2006/06/21(水) 14:29:20 | URL | jin #-[ 編集]
少なくとも・・・
少なくとも無期懲役ではなく明確に懲役200年とかの有期刑を創るとか必要かなと思います。日本も陪審員制度が始まるわけでどうなるんですかね。警察への不信感もつのる事件も多いし・・・今回の事件ですが残された夫(父)は無念でしょう。なおさら犯人の逮捕直後の友達への手紙で「犬がかわいい犬を・・・」の話を聞いた時は殺したいと思ったでしょう。いずれにしても犯罪の低年齢化が進んでいる中で我々ができることといえば何なんでしょうかね。考えてしまいます。
2006/06/21(水) 17:28:52 | URL | たけし #-[ 編集]
審理差し戻しについて
結局裁判官も、死刑の判決をするのが怖い(?)というか、かなりの覚悟が必要なので自分では決められず先送りに、という印象を受けました。被害者のご主人はいつ見ても毅然としていてすごいな、と思います。また、今回も時間ばかりが過ぎて、まだまだ苦しむのかと思うと再び同情してしまいますね。

弁護側の言い分として「少年には更生の可能性がある」か・・・。
更生なんかさせるな! 、と言いたい。
大体これだけの事をして、今後この加害者はどうやって一般社会で生きていくのだろう。

今日、昼間のテレビで加害者の父親がインタビューに答えていました。まるで他人事のように。半分はこの親にも責任があるだろうに。私が当事者だったら子供を殺して自分も死ぬ。それが被害者に対する侘びの気持ちを表す唯一の行動だろう。
2006/06/21(水) 19:08:54 | URL | ドカター #-[ 編集]
長文ですんません。
 この件に関しては極刑を望みます。1人は無期で3人なら死刑、永山判決なんか関係なし、そんな判例なら捨ててしまえと言いたい。残された家族の立場なら何人だろうが人殺しには違わないんですから。
 もちろん、交通事故だったり、被害者にも過失がある場合もあるので、人殺しが全部即死刑だとは言いません。しかし、この山口の事件は完全なる悪意を持って起こした事件です。水道調査と偽って部屋へ立ち入り、自分の性欲の為に女性を強姦し、泣き止まない子供を床に叩きつけて殺したのですから。誰が見たって「計画性」や「殺意が無い」なんてい嘘でしょ?(あの弁護士のやり方は納得できません。)
 よく家庭環境を減刑の理由にされますが、じゃあ同じような環境だったら罪犯してもいいんですか??ってなっちゃう。不遇な環境下でも真面目にやっている人は日本中にたくさんいると思うんだけど。腑に落ちません。
2006/06/21(水) 21:12:35 | URL | ぷじょ~る #-[ 編集]
ぷじょ~る さん、こんばんは
>(あの弁護士のやり方は納得できません。)

 あの目つきは、正直、怖いです・・・。
 空手家が、己の力を、物理的な凶器と認めるのであれば、
 あの弁護士の目つきには、知的(精神的)な凶器を感じます・・・。

>家庭環境を減刑の理由にされますが、

 本当ですよね。
 悪いことやった方が勝ちの世の中であってはなりません・・・。
(--;)
2006/06/22(木) 00:51:25 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
ドカター さん、こんばんは!
>更生なんかさせるな! 、と言いたい。

>どうやって一般社会で生きていくのだろう。

>この親にも責任があるだろうに。

>私が当事者だったら子供を殺して自分も死ぬ。

>それが被害者に対する侘びの気持ちを表す唯一の行動だろう。

 と、書いて頂いたコメントを読ませて頂きながら、私は、「むふッ」っと、笑みを浮かべてしまいました・・・。

 それは、日本人は捨てたモンじゃない。

 ニッポンは捨てたモンじゃない、という笑みです。。。
2006/06/22(木) 00:57:23 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
たけしさん、こんばんは!
>明確に懲役200年とかの有期刑を創るとか必要かなと思います。

 的確なご指摘ですねぇ。(/_;)

 死刑反対を語る前に、死刑と、無期懲役の間を議論しなくてはならないのでしょう。

 そもそも、死刑反対意見の根本は、「国際的に死刑を容認している先進国は日本だけ・・・」という様なところから、始まっていますからね。

 その先進国の、死刑以外の重罰を、日本と良く比べてから言うべきです。
(--;)
2006/06/22(木) 01:02:55 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
jin さん、こんばんは!
>平気で殺人を犯したりする人には、もっとストレートに処分してもらいたいですね。

本当です・・・。

「殺したのが、3人以下だから」、とか、
「犯人が、少年だから」、とかで、
情状の余地ではないですねぇ。

>そして冤罪で捕まっている人の対処も同時に考えてもらいたいですけど。

その問題も、見過ごしては、いけませんね
(--;)
2006/06/22(木) 01:09:24 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
裁判官も、検事も、そして弁護士も、本当は法にのっとって、粛々と仕事をすべきだと思うのです。
法に意味、目的を理解して粛々と進めるしかないと思うのです。

でも実際には、ウソをつく被疑者。
それを、崩そうとする検事。
それを阻止する弁護士。
判断に迷う裁判官。
いらだつ残された家族。

結果、どんどん感情が膨れ上がります。
実際の社会に置いて、机上の論理が通用することはなかなかありません。
刑罰を厳罰化して、犯罪が少なくなる保証はありません。
それでも、現在の日本で、刑罰を厳罰化してほしいという気持ちは、日増しに強くなります。
それは、被疑者、犯人たいする、僕の強い感情です。
2006/06/22(木) 06:44:40 | URL | toshi16(106) #-[ 編集]
罰と償い
罪を犯した場合の罰は他人が客観的に決めることです。今回の事件についてはその計画性や残虐性を考えれば極刑で当り前だと思います。
償いは罪を犯した人間が主体的に行うことです。もう分別が出来なければいけない年齢になっているわけですから、自分の犯した罪の重さを十分認識して自決以外ないでしょう。
今回の場合、更生の余地を争う意味が全く解りません。
2006/06/22(木) 08:20:37 | URL | SH #-[ 編集]
SH さん、こんにちは!
>今回の事件についてはその計画性や残虐性を考えれば極刑で当り前

 これで、死刑にならなければ、ここまでやっても、反省したフリをすれば、死刑にならない、って悪者は考えるでしょうからね!

>今回の場合、更生の余地を争う意味が全く解りません。

 一部マスコミが、本村さんも呼んでいない、本村さんへの反省の手紙を公開してしまっていますが、あれを読む限り精神異常ですね。
 今度は、精神異常で争うつもりかもしれません。
 でも、もともと殺人を犯す人は異常なわけですから、世の中にもどすわけには生きません。
(--;)
2006/06/22(木) 09:55:28 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
toshi16(106) さん、こんにちは!
>いらだつ残された家族。

 考えてみれば、刑事裁判において、遺族は何もできない、って言う制度は、本当に不思議な話です。
 今回の事件だって、検察側が上告してくれたから良かったけど、被害者がどんなに上告したくたって、権利はないわけですからね。
 不思議です・・・。

>現在の日本で、刑罰を厳罰化してほしいという気持ちは、日増しに強くなります。

 ボクは、厳罰化すれば、犯罪はあきらかに減ると思うんだけどなぁ
(^^;)
2006/06/22(木) 10:03:16 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.