社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台の新生児誘拐事件、 ヒューザー小嶋社長の証人喚問、などなど
仙台の新生児誘拐事件
 早期に無事、解決して、何よりと思っています。
 素早い逆探知と、Nシステム?で、車両を特定~逮捕。
 ・・・オミゴトでした。
 もし、生命が奪われていたなら、マスコミや、コメンテーターのかたは、徹底的に警察批判するのだから、うまくいったときくらい、もう少し、クチを揃えて、警察を褒めてあげて欲しいですねぇ!!
↓↓↓続きを読む
中国、日本政府に報道規制要請
 このニュース・・・。
 今朝の朝刊の2面くらいにチラッっと載っていて、読んで笑ってしまったのですけど・・・、

中国外務省の局長談、
 「日本のマスコミは、中国のマイナス面ばかり、なぜ書くのか。日本政府ももっとマスコミを指導すべきだ。」と述べたそうなのです。

 つまり、報道規制を要請しているわけですよね。
 中国は、報道の自由を規制しているのだろうけど、民主国家の日本で、そんなこと出来るわけありません・・・。

日本側談、
 「日本は中国とは違う。そんなことは無理だ。」と説明したという。
 その通りです・・・。 ^^;
 これだけ感覚が違うと、外交でも、物事まともに聞いては、いけないのかもしれませんねぇ?。

ヒューザー小嶋社長の証人喚問
 「私を証人喚問すれば、国交省の役人の首が、数人とぶんじゃないですか!。」の小嶋社長の言葉に、「与党は堂々と証人喚問すべき」というワイドショーの論調。

 ただ、私は「国交省や、与党の政治家には、たいした不正は出てこないのでは?。」と思っています。
 なぜなら、追いつめられた小嶋社長の言葉で、それは、他に注目を向けさせよう(人のせいにしよう)という狙いがあるからです。
 もし、重要な秘密を握っているのなら、もっと早く暴露しているだろうと思えるからです。

 献金を受け取っているところまでは、悪いことではないはずですから、その様な点は正確に報道して欲しいですね。
 「マンション・ルート」、「ホテル・ルート」に加え、「政治ルートの解明」みたいな言い方をしていますから・・・。
 小嶋社長の言葉に踊らされてはダメです・・・。

あれ?、僕ってマスコミ嫌いかな?
(^^)/~~~
コメント
この記事へのコメント
あ、読みました!
中国、日本政府に報道規制要請

とってもひっそり掲載されてましたけど、わたしも受けてしまいました!

何をかいわんやですよね。

話は変わるのですが、
今日、駐車場で前の車について出口に向かおうとしていたところ、突然前の車がバックしてきてそのまま左横のスペースに駐車しようとしたのです。 

私のプーがここにいるのにまさか躊躇なく曲がってくるとは思わず、じっと止まっていたら、そのままガチャン!!!

とっさのことで動揺してクラクションをならすこともできず、車内で「ダメーっ!!!」と叫ぶも聞こえるはずはなく やられちゃいました。 

見た目は何ともなくて ある意味拍子抜けしたのですが、事故処理のあと家路に着くと、低速でガタガタします。 ちゃんと治るかちょっと心配です。

プジョー乗りの人に言いたくて、長々書いてしまってすいません。
2006/01/11(水) 00:15:56 | URL | わんこ #-[ 編集]
それは大変!!
大変な災難でしたね。

>私のプーがここにいるのにまさか

 プジョーのクラクションって、国産車に比べたら、鳴りにくいと感じました。
 ちょっと警告を促すような「プップッ」という鳴らしかたができず、強く押し込んで、「プーッ」と鳴らさないと鳴らないのですよね。
 僕は、半年くらいクラクションをうまく鳴らせませんでした。
 整備の人は、プジョーは、クラクション堅めで、クラクションを押すところの、特に、左よりも右が、鳴りにくいみたいなことを言っていた気がします。
 一度、クラクションのパット(接触)を磨いてもらったら、多少、鳴りやすくなりました。

>低速でガタガタします。
>ちゃんと治るかちょっと心配です。

 内装か、外装かわかりませんけど、ナットクするまで、なおしてもらった方がいいですよ。
 なんて言ったって、見た目は小さくても(高級)外車ですからね~。
(@_@)
2006/01/11(水) 08:50:14 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。