社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年度にも「年金カード」
 社会保険庁は、年金加入者、金受給者を対象に「個人カード」の導入の検討に入った様です。

 安易にカード式にして、キャッシング機能など持たせて大丈夫なのかな?

カード式を検証してみましょう。
健康保険証は、順次カード式に変更されてきました。
 (国民健康保険は、まだでしたね。)
 このカード式の保険証、使い勝手はどうでしょうか?

 今までは、家族全員分が、三つ折りの紙の保険証に記載されていました。
 カード式は、家族ごとにバラバラになったので、便利に感じている人も多いと思います。

 現場レベルで言うと、カードになってから、保険証を紛失し、再交付の手続が多くなったような気もします。
 少なくとも、小学校入学前のお子さまなどは、お母様と一緒の保険証に載っていたほうが便利だったのかもしれません。

保険証の、公的証明書としての効力は?
 「住民票」などの公的な証明書類の代用としては、「運転免許証」、「パスポート」、「国民健康保険 被保険者証」などと書かれている場合があります。
 ところが、「政府管掌の(会社の)健康保険 被保険者証」は、認められないのです。
 これはなぜだかわかりますか?

 前者は、すべて、住民票基本台帳から、おこして作成されるものなのです。
 後者の、会社で作る保険証は、住民票などを提出せずとも作成できますから、悪意を持って偽造しようと思えば、偽造が出来てしまうのですよね。

しかし、ビデオのレンタルショップや、
 キャッシングなどでは、一様に、健康保険証を証明書類としていますよね。
 ある意味、危険です。
 カード式の保険証ににしたのであれば、いっそ、写真までつけた方が悪用されなくて良かったのではないかと思っております。

さて、年金のカード式ですが、
 クレジットカード機能をつけたり、受給者による年金担保借り入れなども可能にする考えだそうです。

 「クレジットカード機能」? 何のために?
 むしろ、社会保険庁を引き継ぐ「年金新組織」の生き残りのための様な気がしてなりません。

 莫大な費用をかけてICカード化して、クレジット機能など付けるよりも、この兼に関しては、野党が案をだしていた「年金通帳」の方が良い案のような気がします。
(^_^;)

引用:日経新聞「08年度にも年金カード、クレジット機能も・社保庁」
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました
テラ さん

  始めまして。
  TBありがとうございました。
  こちらからもTBさせていただきました。

  テラさん、1年以上毎日欠かさずブログへの記事投稿素晴らしいですね。
  私も何とか半年は続けています。
  お互い、頑張りましょう。

  これからもよろしくお願いします。 
  
2005/12/28(水) 09:01:26 | URL | ネット社会の水先案内人 #-[ 編集]
ネット社会
ネット社会の水先案内人 さん、こんにちは。
 専門性の高いブログをお書きになっているのですね。
「ネット社会」。
 便利さと、そのリスクを十分検討して、普及していってもらいたいものです。
 これからも宜しくお願いいたします。
(^^)/~~~
2005/12/28(水) 09:20:25 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
思うように普及しない住基カード(公的個人認証)やIT新改革戦略で謳われているレセプトのオンライン化、生涯を通じた自らの健康管理で使用されるHPKI(保険医療福祉分野の公開鍵基盤)に加え、更に年金でも新たなカードの導入が計画されそうだ。 今日はこの年金カ
2005/12/28(水) 08:56:13 | ネット社会:今日の動き
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。