社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「207CC」 の屋根を、手動で閉める方法。
  プジョー足立なきあとの、最寄りの埼玉のディーラーから なかなか電話がかかって来なかったので、
  ボクは都内のプジョーのサービス工場に電話して 携帯電話を片手に、サービスマンからその方法を聞いたのです。
 

手動で屋根を閉めるには、ポンプの油圧を抜かなくてはならない。
 トランクルームのスペアタイヤの下にある 黒いマクラの様な部品の真ん中に穴が開いている。
 そこに、6mmの六角レンチを入れて反時計回りに(全開まで?)回すと油圧がぬけるそうなのだ。
DSC08172.jpgDSC08173_c.jpg
DSC08163.jpgただ、考えて見て欲しい。
 この状態でスペアタイヤにアクセスするのは難しい。
 (東京の)サービスマンも「手が届かないと思うんですよね。」と言っていた。
 ボクは先ほど色々実験してみていたので「トランクは開きますよ。」と言った。

屋根を開けた状態でトランクを開けると、こんな風になる。 (^^;
DSC08167.jpgDSC08168.jpg

油圧を抜くと、 おっ~っ! 感動!!  屋根が降りてきた。 !(^^)!
DSC08169.jpgDSC08170.jpg


次に、この屋根の接合部。 ウィンドウが上がったままではうまく接合しない。
DSC08171.jpgDSC08248.jpg

うまく接合部が はまらないときは、
 (頭上前方の)屋根の先端を動かして調整するのではなく、
 (頭上後方の)Cピラーの上あたりの屋根が折れ曲がってる部分を 少し上に押し上げて上げると簡単にはまった。
DSC08244.jpgDSC08243.jpg

DSC08174.jpgそして、
 運転席 頭上のプラスチックのキャップを外し
 6mmの六角を入れて回すとフックが締め付けてロックする。



あとはトランクをキッチリ閉めなければならない。
 しかしボクはこのプロセスがうまく出来なかったのです。

DSC08172_c.jpgここに
 ガイド用のとがった棒と、
 ロックするフックがあります。

DSC08240.jpgこのとがった棒とフックを
 うまく かませなければならないのです。

DSC08242.jpg このフックが 出た状態になってなかったのかもしれません。
 (東京の)サービスマンも電話では 細かい状況までつかめなかった様です。

DSC08241.jpg屋根が中途半端な状態で締まらなければ、
 自走も難しいし、風圧を受けるのでレッカー移動もむずかしいらしい。

 でも ここま出来れば、とりあえず一安心だ。

 (東京の)サービスマンさんありがとう。 (^^)/~



油圧のバルブを閉めてもとに戻してもルーフの開閉スイッチは復帰しなかった。
 トランクさえキッチリ閉まれば復帰したのかもしれません。

 その後、最寄りの埼玉のディーラから電話がかかってきて、クルマを入庫した。 レッカーはこちらで手配。
 サービスマン宛に 「スペアタイヤは外してある。」とか、「油圧はぬけた状態になっている。」などとメモを書いた。

 夕方には修理が完了したとの電話があった。 公共交通機関を利用して取りに行くことに。

ただ、開閉しなかった原因は、
 「油圧がぬけていたため。」と言われたことには ちょっと愕然とした。
 油圧を抜いて屋根をある程度閉めなければ レッカー移動もむずかしかっただろうし、
 当然 油圧のバルブを閉め直して開閉操作はやってみたけど動かなかったのだ。
 その後、油圧を抜いてトランクをキッチリ閉める試みもしたけど閉まらなかったので、
 最後は「油圧はぬけたままになっている。」とのメモも入れたのだ。

DSC08285.jpg調整料として4,500円頂くと言われたが、
 こちらが趣味で「屋根を手動で閉めてみよう。」として、
 油圧を抜いて屋根が動かなくなったのならともかく、
 屋根が動かなくなって、そのままではレッカー移動も出来なかったから
 油圧を抜いて なんとか 屋根をある程度まで閉めたんだし、
 保証期間なのだし、と言ったら その料金は タダにしてくれました。
 (^^;

DSC08284_c.jpgまあ、
 屋根を半開きのままにするのも良くないのだろうけど、
 それを行うと こんなトラブルになってしまうというのなら、
 たとえば
 パーキングに入れずにキーを抜いた時 激しい警報音がなるように、
 ルーフ半開きのままでキーを抜いたら 同じくらい激しい警報を出して欲しい。
 あるいは「絶対にやらないでください!」などの注意事項を書いて欲しい。

今回は油圧を抜いて、
 手動で屋根を閉める方法になってしまったが、この手のトラブルは
 機械的なトラブルというより、コンピュータが屋根の状態を判断できないというような
 ソフト的トラブルのように思う。
 その辺を 強制的にリセットして 強制的に屋根を閉めてくれる信号を組み込めないのかなぁ? 

DSC08185_c.jpg何はともあれ、その日のうちに無事 戻ってきました。
 その後 一週間 毎日のように屋根の開閉をしておりますが
 なんともありません。

こんなことで、
 プジョーを嫌いになりませんよ。
 
屋根を手動で閉める方法も体験できて良かったかもしれません。
 6mmの6角レンチは必需品ですね。 こんど車内用を買っておこう。 
 でも、屋根半開きの状態で 置いておくのは 二度としないようにします。(^^;


似たようなトラブルのブログを見つけました。
 しゅう206さんのブログ 電動ルーフが閉まらない
 (ヒューズを抜き差ししたら復帰したそうです。 この方法のほうが賢いかもしれませんね。)

今回の 207CC 「ルーフ開閉トラブル」関連記事 :
 2010/05/02(日) その3 「207CC」 の屋根を、手動で閉める方法。
 2010/05/01(土) その2 「207CC」 がレッカー車で運ばれた理由。 
 2010/04/25(日) その1 「207CC」 ドナドナ?  いったいどうしたっ!???

206RG 「イモビライザートラブル」関連過去記事 :
 2008/05/18(日) 206RG 「ENGINE IMMOBILISER FAULT」 その2 「207CC」 がウチにきた理由。。。
 2008/04/26(土) 206RG 「ENGINE IMMOBILISER FAULT」 その1 「207RG」 のエンジンが掛からない?トラブル

 にほんブログ村「プジョー」アクセスランキングをご確認ください → にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
コメント
この記事へのコメント
 「油圧がぬけていた。」
DIYお疲れさまでした。
 抜けていたのではなく抜いたんですがね・・・どうしてセンサーがエラーになったかを知りたいのに全く理由にならない理由でビックリ^^;

>プジョーを嫌いになりませんよ。
たしかに車に罪はありませんよね。

でもいくら他店購入とはいえ不親切なディーラーは嫌いになりそう -へ-

2010/05/02(日) 12:06:27 | URL | ぷじょ〜る #-[ 編集]
ぷじょ~る さん、こんにちは!
>でもいくら他店購入とはいえ不親切なディーラーは嫌いになりそう -へ-

 実は・・・、
 やはり「プジョー足立」を利用していたプジョー仲間から、この店のサービスの情報をある程度聞いていたのです。
 「一見、洗車までしてくれてサービスは良い様に思えるが、困ったときに何もしてくれない。」

 その情報を聞いてなかったら、ボクも途中で態度を変えていたかも入れません・・・。
 (^^;
2010/05/02(日) 23:11:04 | URL | 「テラ」 #nMGarW5U[ 編集]
おつかれさまでした
最後は無事にルーフが閉まってよかったです。
クルマのトラブルって自分の無力さを痛感するんで、解決したときに疲れが一気におそってきませんか?
私だったらテラさんのように冷静な判断できてなかっただろうなあー。
2010/05/03(月) 20:18:40 | URL | NR #-[ 編集]
NR さん、こんにちは!
>冷静な判断

ディーラーのサービスマンにとって、
 たいしたトラブルではないのかもしれないけど
オープンカーのユーザーにとっては、
 とんでもないトラブルなんですよね。 (^^;
2010/05/04(火) 12:27:43 | URL | 「テラ」 #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。