社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンダ 「CR-X」 ~ 「インサイト」 ~ 「CR-Z」 デザインと、コンセプトの流れを考える。
「CR-Z」が、
 販売2週間で、年間目標12,000台の6割に当たる7,000台の注文を受けたと新聞に載っていた。
 「CR-X」 ~ 「インサイト」 ~ 「CR-Z」 へと流れていくデザインやコンセプトを考えてみよう。
 
1983_0623_バラードスポーツ CR-X 後斜め「バラードスポーツ CR-X」
 1983年 7月 2人のための「バラードスポーツCR-X」としてデビュー。(1.3、1.5i)
 1984年11月 1.6リッターDOHCエンジンを搭載したFFライトウエイトスポーツ(Si)を追加。
 世界初の電動アウタースライド・サンルーフや、
 乗用車世界初、オーバーヘッドスタイルのルーフ・ラム圧ベンチレーション、
 セミリトラクタブル・ヘッドライトなど、カーヒストリーにエポックを築く魅力的なモデルだった。
20071014142850.jpgサイバースポーツ 「CR-X」 1987年 9月登場。 (SiR 1989年 9月追加)
 4輪ダブルウイッシュボーン・サスペンション。 当時のカタログに書かれた、
 1.5L HYPER 16 VALVE + DUAL CARB (1.5X)、
 1.6L DOHC  16 VALVE + PGM-FI (Si)の文字には心が躍らされた。
 曲面構成のフラッシュサーフェスボディと、そのデザインには衝撃を感じた。
 特徴的なエクストラウインドウもリアに採用された。
 電動アウタースライド・サンルーフに加え、グラストップも加わった。 ホンダはこの頃からガラスルーフを世に送り出していたのだ。

CR-X デルソル_VXi_ボーグシルバーメタリック_c「CR-X デルソル」  (1992年 2月~1997年 8月)   
 デザインも、コンセプトも流れをそれた。 del Solとは、「太陽の~」を意味するスペイン語。
 走行性能を追求した先代までの「CR-X」とは違い、開放感を楽しむタルガトップとして登場。
 電動でハードトップがトランクに収納される「トランストップ」はホンダらしい斬新なアイディア。
 オープンエアクルージングを気楽に楽しめる魅力的なモデルだった。

20071014143103.jpg「インサイト (初代)」  1999年 9月~2006年 7月
 「INSIGHT(インサイト)」とは、英語で「洞察力」「眼識」という意味。
 環境性能に重きをおく、まさにクルマの将来の「洞察」だったのだろう。
 2シータ-の 5速MT ハイブリッド
 その独創的なデザインは「CR-X」にも似ているが、
 今のハイブリッドスポーツ「CR-Z」にも実に似ている。
 35km/Lという当時世界No.1低燃費を達成したが、日本国内では2,300台(?)しか売れなかったという ある意味希少なクルマ。

インサイト_000「インサイト (現行)」  2009年 2月
 初代のインサイトから10年。
 189万円~という低価格のハイブリッド車を開発した。
 「ハイブリッドカーを、もっと身近に、ひとりでも多くの人へ」
 コンセプトは重要な意味をもった。
 販売1年で10万台を達成した。

スタイル_02「CR-Z」  2010年 2月
 ホンダグリーンマシーン3号
 デザインは似ているが「インサイト」のクーペではない全く違うクルマ。
 ハイブリッド車で6速MT、意のままに操れるハンドリング。
 運転の醍醐味を味わえるハイブリッドスポーツだ。

 ホンダらしい魅力的なクルマを世の中に送り出してくれた。

こうしてみると
 「CR-X」、「インサイト」、「CR-Z」のデザインは、けっこう似ているのがわかる。
 デザインの類似ではなく、スポーツカーにもハイブリッドカーにも 空力フォルムが必然だったのだろう。

ホンダは、
 「シビック」の様な大衆車も作るが、「バラードスポーツCR-X」の様なコンパクトスポーツも作った。
 「インサイト」が、誰にでも手の届く身近なハイブリッドだということと、
 「CR-X」は海外では、「シビックスポーツ CR-X」として売られていたことを考えると、
 「CR-Z」はまさに、「インサイトスポーツ CR-Z」といえるのかもしれない。

 にほんブログ村 (アクセスランキング ポチッとお願いします)→ にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
 

ホンダ公式HP :
 HONDA FACT BOOK バラードスポーツCR-X
 HONDA FACT BOOK CIVIC & CR-X
 HONDA FACT BOOK CR-X デルソル
 HONDA FACT BOOK インサイト(初代)

 名車カタログ CR-X
 名車カタログ インサイト

 ホンダ 「インサイト」 HP
 ホンダ 「CR-Z」 HP


ホンダ 「CR-Z」(CR-X) 関連過去記事 :
 2010/03/13(土) ホンダ 「CR-X」 ~ 「インサイト」 ~ 「CR-Z」 デザインと、コンセプトの流れを考える。
 2010/02/27(土) ホンダ グリーン マシーン 003号 「CR-Z」
 2010/01/17(日) ホンダ 「CR-Z」 (アメリカ市販版)
 2009/12/12(土) ホンダ 「CR-Z」 カタログ写真
 2009/10/04(日) ホンダ 「CR-Z」 2007(コンセプト) と 2009(ほぼ市販版) 徹底比較
 2009/06/27(土) ホンダ 「CR-X」 + 「CR-Z」 = 「CR-XZ」 の法則 
 2009/02/08(日) 普通っぽい「CR-Z」  ??? 
 2007/10/14(日) 名車復活 「CR-???」
 にほんブログ村 (アクセスランキング ポチッとお願いします)→ にほんブログ村 車ブログ プジョーへ

ホンダ 「インサイト」 関連過去記事 :
 2010/03/13(土) ホンダ 「CR-X」 ~ 「インサイト」 ~ 「CR-Z」 デザインと、コンセプトの流れを考える。
 2009/09/21(月) ホンダびいきの 「インサイト」 vs 「プリウス」   ~ サーキット対決編 ~
 2009/07/18(土) ホンダびいきの 「インサイト」 vs 「プリウス」
 2008/11/15(土) ホンダびいきの ハイブリッド、そっくり対決!?
 にほんブログ村 (アクセスランキング ポチッとお願いします)→ にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
コメント
この記事へのコメント
RCZ
 CR-Zの人気はスゴイですね。mixiでもHNにCR-Zを付けてる人が続出しています。
HONDAファンならずとも期待の高さが伺えますね。僕も初めての愛車がバラードCR-Xでしたので、その後継車種が人気者で嬉しいです。

 でも今年はPEUGEOT「RCZ」も登場します。
こちらも人気者になってもらいたいものです^^
2010/03/16(火) 23:12:30 | URL | ぷじょ〜る #-[ 編集]
ぷじょ~る さん、こんにちは!
 そうか~ バラードスポーツに乗られていたんですよね。
 凄い!

>mixiでもHNにCR-Zを付けてる人が続出しています。

 新しい販売戦略のようですね。
 (「ガイアの夜明け」だったかな?
   TV番組でやってました。)

 今回のCMも良かったですね。
 空から降りてくる「CR-Z」
2010/03/17(水) 23:41:07 | URL | 「テラ」 #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。