社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プリウス ブレーキ リコール
p00_c1.jpg私はホンダびいきではありますが、
 トヨタ自動車が、日本の企業として世界で活躍することは、
 日本人としては嬉しいことだし、
 今回のようなアクセルのリコール問題がとりだたされたことは、
 日本人として残念に思う。

しかし・・・、
 (※ 画像は内容に関係ありません。)
ホンダも含め 他社の売れ筋のクルマに、
 ことごとく対抗車種をぶつけてくる様なトヨタの販売戦略は、「そこまでやるか!?」という思いもしていた。

プリウスについてもそうだ。
 ホンダがハイブリッドを普及させるというコンセプトで、低価格のインサイトを開発すると、
 ひとクラスもふたクラスも上と思われるプリウスの価格帯を、インサイトに対抗できるまで下げて
 価格の発表も早めて 販売してしまうような戦略も「そこまでやるか!?」という思いだった。

すべて一番をとらなくてはならない。
 そのためには、 安く販売したり、 販売時期を早めたり?
 そんな体質が、今回のブレーキの不具合を 起こしてしまったのか!? とも思ってしまう。

p00_c2.jpg少なくとも、
 今回のプリウスのブレーキ不具合は、
 2月に発覚した時点では、 「一台づつ調査する。」と言ってたと思ったが、
 1月以降の販売のクルマは、「すでに改善済み。」とのことなので、
 その辺の不具合を公表していなかったという事だろうか!?
 (※ 画像は内容に関係ありません。)

ブレーキの不具合は、
 命に関わる問題だ。 公表していなかったとすれば、 大問題ですよね。

ただし トヨタ側は、
 「ブレーキが利かなくなったと違和感を持たせるが、ブレーキをもう一度踏み込めば、きちんと止まれる」(常務)と説明したり、
 「構造的な欠陥はない」(広報担当)と説明しているが、
 先週も何度かマスコミの姿勢を批判したと思うけど、
 以前は、三菱自動車の炎上などを 一方的せめたマスコミ。
 もしかすると このトヨタの報道も、マスコミの報道が一方的になっているという事もありますかね!?

引用 :
 毎日JP トヨタ:プリウスブレーキ問題…ダメージ回避に躍起
 毎日JP トヨタ:プリウス、リコール検討 ブレーキ苦情相次ぎ、日米で30万台

関連過去記事 :
 2007/02/13(火) 報道の、ありかたを考える・・・
 2006/08/02(水) 流れるプールでの死亡事故
 2005/04/02(土) 東武伊勢崎線 竹ノ塚駅 踏切事故 で思う・・・

 にほんブログ村 (アクセスランキングにご協力ください)→ ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
アンチトヨタ
の私さえ、今回は少しトヨタに同情。 
最初はアメリカお得意の言いがかり日本車イジメかと思いましたが、まさかリコール隠し騒ぎになろうとは・・・。

 個人的にはトヨタ開発陣としては当初からブレーキのタイムラグは把握していたし、回生ブレーキからの充電のうまみとのバランスの中でギリギリの許容範囲だったのだろうと思います。1月からの修正プログラムの件もトヨタとしては当たり前のカイゼンの一環で取り組んだのでしょうが、今回はそれがリコール隠しと取られ裏目に出てしまったようですね。
 ただ、常務の「もう一度踏み込めば、きちんと止まれる」の言い訳はやや苦しいです。
 車を売るときにしっかり説明したのならその言い訳も通用しますが、緊急の時なんかはポンピングブレーキする余裕なんてないですから。2度ブレーキ踏まないと停まれないような車と知ってたら買いませんもの。

あのトヨタが慌てている様子を見てもテラさんのおっしゃるようなマスコミの意図的なトヨタたたきにも原因があるのかもしれませんね。
2010/02/08(月) 21:07:48 | URL | ぷじょ~る #-[ 編集]
ぷじょ~る さん、こんにちは!
>今回は少しトヨタに同情。

 アメリカの新聞なんかでは、お辞儀の角度に線を引いて、前回は40度だったとか、今回は何度だとか・・・、あそこまでやるとたたきすぎですね。
 あと、カローラへのクレームは、「時速64km以上で走っているときにハンドルを切ると思ったより曲がる。」だとか?
 なんだかかわいそう (^^;
2010/02/12(金) 13:06:30 | URL | 「テラ」 #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。