FC2ブログ
社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンダびいきの 「インサイト」 vs 「プリウス」   ~ カーオブザイヤー編 ~
そういえば、日本カーオブザイヤーは、トヨタ「プリウス」の受賞だった。
 たしかに、「プリウス」はすばらしいクルマで、
 なおかつ、「インサイト」に対抗して 価格をあそこまで下げてしまえば売れるクルマかもしれない。
日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010は「トヨタ・プリウス」に決定2009_11_新色_シャーベットブルー・メタリック_c
しかし、もともと(結果的には)、
 ハイブリッドカーをセレブ的なステイタス感を持たせて売っていた トヨタ「プリウス」より、
 ハイブリッドカーを普及させるために、誰にでも手の届く価格で世に送りだした ホンダ「インサイト」こそ、
 日本カー・オブ・ザ・イヤーの資格があるのではないか?と思っていた。
そんな「インサイト」に
 「2010年次RJCカーオブザイヤー」受賞のニュースが届いた。
受賞の理由が、
 「ハイブリッド車を普及させるうえで大きな役割を果たした。」
 という事なのだから、嬉しい限りだ。
env_lead_c.jpg

まあ、ホンダびいきの うがった見方かもしれないが、
 昨年のトヨタ「iQ」が、販売前のクルマなのに 受賞してしまったムリヤリ感や、
 初代のトヨタ「セルシオ」の受賞なども、無理矢理受賞した感がどうも残る・・・。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の引用 :  日本カー・オブ・ザ・イヤー

 特に2008年のカー・オブ・ザ・イヤーは、iQの発売前での大賞受賞という異例の結果となり、
下記などの理由により、「賞を金で買った」、 「出来レースを絵に描いたような内容」と、
賞自体を宣伝媒体とするような結果について、ネット上では賞自体の意義などを疑問視する声も多く出ている。 

 ・ メディアや評論家以外の一般人が接する機会も全く無く 正式な登録出荷が1台も無い車種の選出について
   評価の妥当性に説明がつかない。
 ・ この回については毎回公表されていた各選考委員の投票内容も明かされない。

   きな臭い・・・。

「インサイト」関連過去記事 :
 2009/09/21(月) ホンダびいきの 「インサイト」 vs 「プリウス」   ~ サーキット対決編 ~
 2009/07/18(土) ホンダびいきの 「インサイト」 vs 「プリウス」
 2008/11/15(土) ホンダびいきの ハイブリッド、そっくり対決!?
 にほんブログ村 (アクセスランキング ポチッとお願いします)→ にほんブログ村 車ブログ プジョーへ

外部リンク :
 読売オンライン RJCカーオブザイヤーにホンダ「インサイト」

以下引用 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 日本カー・オブ・ザ・イヤー
1980年(第1回:1980年-1981年)  ファミリア(マツダ)
1981年(第2回:1981年-1982年)  ソアラ(トヨタ)
1982年(第3回:1982年-1983年) カペラ/テルスター(マツダ/フォード)
1983年(第4回:1983年-1984年) シビック/バラード(ホンダ)
1984年(第5回:1984年-1985年) MR2(トヨタ)
1985年(第6回:1985年-1986年) アコード/ビガー(ホンダ)
1986年(第7回:1986年-1987年) パルサー/エクサ/ラングレー/リベルタビラ(日産)
1987年(第8回:1987年-1988年) ギャラン(三菱)
1988年(第9回:1988年-1989年) シルビア(日産)
1989年(第10回:1989年-1990年) セルシオ(トヨタ)
1990年(第11回:1990年-1991年) ディアマンテ/シグマ(三菱)
      特別賞:エスティマ(トヨタ)
1991年(第12回:1991年-1992年) シビック、シビックフェリオ(ホンダ)
      特別賞:パジェロ(三菱)
1992年(第13回:1992年-1993年) マーチ(日産)
      特別賞:ビッグホーン(いすゞ)
1993年(第14回:1993年-1994年) アコード(ホンダ)
      特別賞:スープラ(トヨタ)
1994年(第15回:1994年-1995年) FTO(三菱)
      特別賞:オデッセイ(ホンダ)
1995年(第16回:1995年-1996年) シビック、シビックフェリオ(ホンダ)
      特別賞:テラノ(日産)
1996年(第17回:1996年-1997年) ギャラン/レグナム(三菱)
      特別賞:デミオ(マツダ)
1997年(第18回:1997年-1998年) プリウス(トヨタ)
      特別賞:ビークロス(いすゞ)
1998年(第19回:1998年-1999年) アルテッツァ(トヨタ)
      特別賞:Z(ホンダ) 
1999年(第20回:1999年-2000年) ヴィッツ/プラッツ/ファンカーゴ(トヨタ)
      特別賞:S2000(ホンダ)
2000年(第21回:2000年-2001年) シビック/シビックフェリオ/ストリーム(ホンダ)
      特別賞:インプレッサ(スバル)
2001年(第22回:2001年-2002年) フィット(ホンダ)
      特別賞:エスティマ・ハイブリッド(トヨタ)
2002年(第23回:2002年-2003年) アコード/アコードワゴン(ホンダ)
      特別賞:フェアレディZ(日産)/7シリーズ(BMW)
2003年(第24回:2003年-2004年) レガシィ(スバル)
      Most Fun賞:RX-8(マツダ)
      Best Value賞:ティアナ(日産)
      Most Advanced Technology賞:XJ(ジャガー)
2004年(第25回:2004年-2005年) レジェンド(ホンダ)
      インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:ゴルフ/ゴルフ・トゥーラン(フォルクスワーゲン)
      Most Fun賞:1シリーズ(BMW)
      Best Value賞:ベリーサ(マツダ)
      Most Advanced Technology賞:レジェンド(ホンダ)
2005年(第26回:2005年-2006年) ロードスター(マツダ)
      インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW・3シリーズ(BMW)
      Most Fun賞:スイフト(スズキ)
      Best Value賞:該当車なし
      Most Advanced Technology賞:シビック/ホンダ・シビックハイブリッド(ホンダ)
2006年(第27回:2006年-2007年) レクサス・LS460(トヨタ)
      インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:C6(シトロエン)
      Most Fun賞:TTクーペ(アウディ)
      Best Value賞:ストリーム(ホンダ)
      Most Advanced Technology賞:i(三菱)
2007年(第28回:2007年-2008年) フィット(ホンダ)
      インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:Cクラス セダン(メルセデス・ベンツ)
      Most Fun賞:ランサーエボリューションX(三菱)
      Best Value賞:ミラ(ダイハツ)
      Most Advanced Technology賞:ゴルフGT TSI/ゴルフトゥーラン/ゴルフ ヴァリアント(フォルクスワーゲン)
2008年(第29回:2008年-2009年) カー・オブ・ザ・イヤー:iQ(トヨタ)
      インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:C5(シトロエン)
      Most Fun賞:エクシーガ(スバル)
      Best Value賞:フリード(ホンダ)
      Most Advanced Technology賞:GT-R(日産)
 にほんブログ村 (アクセスランキング ポチッとお願いします)→ にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
コメント
この記事へのコメント
日本のCOTYって
ホンダファンとして、インサイトが2009年度に賞なしを回避できたのは嬉しいです(^^)
とはいえ、日本COTY、RJC、CCCとカー・オブ・ザ・イヤーがありますけど、なんかどれも納得できるものじゃないんですよねー。
(^^;;;
クルマ好きは情報収集して自分なりの回答があるから、食い違う可能性が大きくて仕方ないのかなーと思ってます。
まあ昨年の日本COTY・iQはさすがに問題だと思いましたが・・・。

PS プジョー・RCZがフランス本国で発売されましたね!
  現地価格で約363万円は結構バーゲンじゃないでしょうか?
2009/11/21(土) 22:22:47 | URL | NR #-[ 編集]
あまのじゃくなRJCに1票
高級車や運動性能重視のCOTYには毎年ウ~ン(ーー;となります。
一方のRJCはiやワゴンRが受賞したり軽も対等に扱ってくれるので親しみが持てます。
 今年の場合、もしRJCもプリウスだったとしても誰も文句言わなかったでしょうが、「ハイブリッド車を普及させるうえで大きな役割を果たした」という今回のインサイトの受賞はCOTYへの強烈な皮肉が込められてますね^^;
そんなあまのじゃくなところが好きです。

 でも新車情報大賞があればユーザーは何を選んだのでしょうね。
2009/11/21(土) 23:42:17 | URL | ぷじょ~る #-[ 編集]
ぷじょ~る さん、こんにちは!
>COTYへの強烈な皮肉が込められてますね^^;

 確かに! (^^;
 COTYも昨年のようなことをやっていると本当、ウンザリしちゃいますよね。

>でも新車情報大賞があればユーザーは何を選んだのでしょうね。

 実に興味深い! (^^)
2009/11/22(日) 11:41:10 | URL | 「テラ」 #nMGarW5U[ 編集]
NR さん、こんにちは!
>ホンダファンとして、インサイトが2009年度に賞なしを回避できたのは嬉しいです(^^)

 ほんとですね。

>まあ昨年の日本COTY・iQはさすがに問題だと思いましたが・・・。

 あれはないですよね!

>PS プジョー・RCZ
>現地価格で約363万円は結構バーゲンじゃないでしょうか?

 マジですか!?
 ボクの「207CC プレミアム」346万だったと思ったけど、
 たいして変わりないじゃないですか!  バーゲンだ!!  (^^;
2009/11/22(日) 11:44:49 | URL | 「テラ」 #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2009/12/02(水) 19:43:56 |
管理人の承認後に表示されます
2009/12/04(金) 19:45:38 |
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。