社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「CC」選び。 PartⅡ  ~ ボディ・カラーを考える ~
クルマのキャラクターは、
 ボディカラーによって、こんなにもイメージが変わってしまう。
DSC05815_c.jpgDSC05815_exs_fro_DSC02423_c
どちらかというと、大きすぎるフロントグリルが あまり評判良くない「207」シリーズ。
 淡い色よりも、濃い色の方が、その点は強調されずに無難なのかもしれない。
DSC05812_C.jpgexs_sid_lef_②ope_DSC02408
ボディカラー 
 昨年お借りした「ラセルタ・イエロー」の207CC。
 おそらくカタログから選べば、こんなに派手な色を選ぶことは、まずないだろう。

ただラセルタ・イエローを1週間お借りして、
 「オープンカーに乗るならこれくらい冒険した色でもいいのかもしれない!?」と言う気持ちになっていた。
 このクルマを体験しなければ、「ブルー系」か、「グレー系」を選んでいたかもしれないのです。
 「レッド」は、選ばなかったかもしれないのだ。
 (^^;

DSC05818.jpgDSC05818_ex_sid_m_DSC02447
ドアモール
 写真のサイドビューを見ると、黒いドアモールが引き締まって見える。
 認定中古車などの実車を見学に行っても、その当時では、なかなかカラードドアモールにお目にかかることは出来なかった。
 でも納車時の実車を見たとき、「CC」の長いドアに施されたカラードドアモールは、相当 豪華な装備に見えました。

DSC05821.jpgDSC05821_exs_ria_lef_DSC02411_c
アスマラ・レッド
 赤といっても結構ダークなワインレッド系なのだ。
 以前乗っていた「206ローランギャロス」は、「ルナー・ミスト」というシルバー系で、シャンパンゴールド風にも見える非常に飽きのこない良い色だった。

今度は、別の系統の色にしたい。
 しかし赤系は、意外と飽きが来る色なのかもしれません。
 でも今のところ、この目立ち具合には非常に満足していますが・・・。

ただ、ボクが「アスマラ・レッド」を選んだ理由は、
 1) 今まで乗っていたクルマがシルバー系だから、シルバー系以外の色にしたい、
 2) オープンカーに乗るのだから、ちょっと冒険した色にしたい、
 3) どちらかといえば、大きすぎる黒いフロントグリルにマッチする、ダーク(濃い)系の色が良い、
 という外観の見栄えは、二の次だったのでした。
 (次週へ続く・・・。)


目移りしたクルママシリーズ。  「307CC」編
 「207CC」より、一回り上の「3」シリーズ。
 「308CC」はまだ販売されていなかったので、すでに販売終了してしまった
 「307CC」の認定中古車は、色と年代指定で、かなり真剣に考えていました。

オープンカーでも、4人乗れるメリットはあるし、
 「307CC」は一回り大きいといっても
 「207CC」も大きくなっちゃって、車幅はほぼ同じになっちゃいましたからね。

307CC_プレミアムAVN_オブシディアンブラック_フロント「307CC プレミアム AVN」
 2005年以前のフェースリフト前の顔。
   (ボクはこっちの顔の方が好みです。)
 ボディカラーが黒で、内装が赤黒のインテグラルレザーの
 組合せはお気に入りでした。

認定中古車例
 2005年車  235万円 1.9万km 車検H20年03月 AVNナビ標準装備
 2004年車  189万円 3.6万km 車検整備付き  AVNナビ標準装備

307CC_プレミアムAVN_オブシディアンブラック_リア307CC_プレミアムAVN_オブシディアンブラック_フュージョン内装


307CC_プレミアム_アルミナムグレー_フロント「307CC プレミアム」
 2005年11月から完売されていた、
 内装がインテグラルレザーで、「セルベール」という赤系の内装。
 ボディカラーは、アルミナムグレーのみだったのが残念だったが、
 この内装カラーはすごく気に入っていました。

認定中古車例
 2006年車  298万円 0.6万km 車検整備付き DVDナビ付き

307CC_プレミアム_アルミナムグレー_T6サイド307CC_プレミアム_アルミナムグレー_セルベールレザー内装


307CC_プレミアム_「307CC プレミアム」
 マニトバグレーという希少カラー。
 緑っぽいグレー。(少し心が揺れました。)
 内装は、茶のインテグラルレザー。

認定中古車例
 2006年車  268万円 0.7万km 車検整備付き インダッシュナビ付き

307CC_プレミアム_サイド307CC_プレミアム_インテリア


307CC_2.0_アルミナムグレー_フロント「307CC 2.0」
 2007年11月からの販売されていたもの。これ、なにが珍しいかわかりますか?
 フュージョンの赤黒の内装なのですが、赤と黒の色が逆になっているパターン。
 ボディカラーは、アルミナムグレーとブラックが選べたようだが、
 モデル終盤はインテグラルレザーの設定がなかったので選択肢からははずれました。

認定中古車例
 2008年車  308万円 1.3万km 車検H23年03まで HDDナビ付き デモアップ車

307CC_2.0_アルミナムグレー_最終型_2007年11月~販売の307CC、アルミナムグレーかオブシディアンブラックに設定しておりました、フュージョンレザーになります307CC_2.0_アルミナムグレー_逆フュージョン
 ダッシュボードがレザー(赤)じゃないから、シートも黒中心で、赤が縁取りのアクセントになってるのが、いいのかもしれませんね。

いずれにしても、「307CC」の認定中古車では、
 走行距離も少なめで、上記の 1)、2)、3)を満たすクルマは見つからなかったのでした。
 「CC選び」・・・。 悩ましくも楽しく、続くのであった。 (次週へ続く・・・。)


「CC」選び。  続きは3週連続 関連記事で :
 2009/08/02(日) 「CC」選び。 PartⅠ  ~ ボディ・カラー ~
 2009/08/09(日) 「CC」選び。 PartⅡ  ~ ボディ・カラーを考える ~
 2009/08/15(土) 「CC」選び。 PartⅢ  ~ インテリア・カラー ~
コメント
この記事へのコメント
partⅡ待ってました~。
 だんだんアスマラの理由が明らかになってきましたねw。
(1)、(2)の今までと変えてみたいという思い、すごくわかるような気がします。
(3)は、ダーク感重視ということで、もし設定がアデンレッドやバビロンレッドだったら無しだったんでしょうかね^^;
 インテグラルレザーも赤となると、ご家族のご意見も気になるなぁ・・・。
次回も楽しみにしていますよ~
2009/08/09(日) 22:57:48 | URL | ぷじょ~る #-[ 編集]
ぷじょ~る さん、こんばんは!
 こんな自己満足の記事におつきあいいただいてありがとうございます。
 m(_ _)m
 「307CC」認定中古車情報をちょっと詳しく書き足しました。


>もし設定がアデンレッドやバビロンレッドだったら無しだったんでしょうかね^^;

 また悩んでしまいますから、それは考えたくありませんね~
 (^^;

でも
 ボディカラーが真っ赤な「アデンレッド」だとしたら、
 内装カラーはシックな「ブラック」の設定で販売されたんじゃないかなぁ????

たぶん、
 「206CC」のアデンレッドもブラックレザー内装だったし、
 「308CC」のアデンレッドもブラックのインテグラルレザー。
 「308CC」のバビロンレッドも、ブラックレザーと、「S16」かもしれませんが、茶のインテグラルレザーだったかもしれません!?。
2009/08/10(月) 00:43:07 | URL | 「テラ」 #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。