社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PV (プライベート・ブランド)の憂鬱・・・
電球型蛍光灯。
 省電力で、長持ちなので、これが使える器具は、ほとんどこの商品を使っています。
DSC05269.jpg 
たとえば、
 パナソニック製が1,180円で、
 東芝製が、980円くらいなら、
 なんとなく、パナソニックの方が
 明るくなる早さとかの性能がいいような気がして
 多少高くても買ったりするのですけど、

プライベート・ブランド(PV)は、
 なんと衝撃の「578円」。
 ここまで差があると、PVを買ってしまいますよね。
家電を買うときは、 いつものスーパーで買うより、
 家電量販店に行った方が安いだろうと思うのですけど、
 いつものスーパーにしか売ってないPVなら、わざわざ量販店に行くこともない。

DSC05273.jpgPVの秘密は、 
 小売が自ら開発し自らのブランドで、
 製造メーカーに製造を委託し、
 宣伝費をかけず、全部買い上げる約束で、
 安く出来る秘密があるそうだ。

 製造メーカーにもメリットはあるものだと思われますが、
 製造メーカーの元々のブランドも値下げを強いられ、
 また小売店でも、商品の利益率が減っていくというような、
 PVは、製造メーカーと小売の痛み分けとも書かれている。
 
DSC05272.jpgかつて
 マクドナルドが(藤田田)元社長の時、
 ハンバーガー80円とか、60円とかで売って、
 一人勝ちのように言っていた頃、
 その価格破壊がデフレスパイラルの様な値下げ競争を起こし、
 自らのクビをしめる窮地に立ったこともあったと思う。

 (画像は、4月18日土曜日の日経新聞)

DSC05271.jpg何はともあれ、
 安くて高性能なら
 消費者にとってはいいことなのかもしれないが、
 デフレスパイラルの現象みたいに、
 利益が出ないので、原価を抑えすぎたりして、
 やがて、安くて悪い製品が出回るようになっては元も子もない。

 メーカー半値の衝撃
 本当に衝撃の価格だが、なんとなく憂鬱なのだ!?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。