社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21年3月31日施行 雇用保険法が改正されました。
 厳しい雇用失業情勢を踏まえ、非正規労働者に対するセーフティネット機能及び離職者に対する再就職支援機能の強化を重点に、所要の法改正を行われました。
                                   (◎は3年間の暫定措置)

1.非正規労働者に対するセーフティネットの機能の強化
 労働契約が更新されなかったため離職した有期契約労働者について、
 ○ 受給資格要件を緩和:被保険者期間12か月 → 6か月 としました。
 ◎ 給付日数を解雇等による離職者並に充実しました。
 ○ 雇用保険の加入の基準である、
    「1年以上雇用見込み」を、「6か月以上雇用見込み」に緩和し、適用範囲を拡大しました。
2.再就職が困難な場合の支援の強化
 ◎ 解雇や労働契約が更新されなかったことによる離職者について、
   年齢や地域を踏まえ、特に再就職が困難な場合に、給付日数を60日分延長しました。
   (例えば所定給付日数が90日の場合→150日)

3.安定した再就職へのインセンティブ強化
 ◎ 早期に再就職した場合に支給される「再就職手当」の支給要件緩和・給付率の引上げられました。
    (給付率について、30%→ 40%又は、50%)
 ◎ 就職困難者(障害者等)が安定した職業に就いた場合に支給される「常用就職支度手当」について
   対象範囲を拡大(年長フリーター層を追加)・給付率の引上げ(30%→40%)になりました。

4.育児休業給付の見直し
 ○ 平成22年3月末まで給付率を引き上げている暫定措置(40%→50%)を
   当分の間延長○休業中と復帰後に分けて支給している給付を統合し、
   全額を休業期間中に支給することになりました。

5.雇用保険料率の引下げ
 ○ 失業等給付に係る雇用保険料率(労使折半)を平成21年度に限り、0.4%引下げ
    (1.2%→0.8%)
 
施行期日は、平成21年3月31日
  3月31日の退職者も適用するためだと思われます。
    (育児休業給付の見直しについては平成22年4月1日)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
09年度予算成立 改正雇用保険法成立へ 出産育児一時金も増額 主要部分は●雇用保険料率(労使折半)を現行の「1.2%」から「0.8%」への引き下げ●失業給付の適用範囲を「1年以上の雇用見込み」から「6ヶ月以上」に短縮(3月31日施行) ●特に再就職が困難?...
2009/03/31(火) 15:41:37 | 楽天最新情報
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。