社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京大空襲の話
 東京大空襲から、60年たったそうです。
 私の母は、生まれも育ちも、東京の江戸川区です。子供の頃は、大空襲の話を、よく聞かされました。
続き↓↓↓
 大空襲の夜、大勢の人が逃げ回り、中には、火をさけるために、川に飛び込む人や、防空壕に逃げる人がいたそうです。
 母も、防空壕に逃げ込むと、「そんなところに、入っていってちゃダメだーっ!!」と大声で怒鳴ってくれた人がいて、何故だかわからなかったけど、防空壕からでて更に夢中で走り続けたそうです。
 母は逃げる最中、恐怖で、口が開いたまま震えて、歯がガチガチいって止まらなかったそうです。

 翌日になってみると、川へ入った人や、防空壕に入った人は、皆、犠牲になってしまっていたそうです。
 そのとき、「防空壕から出ろ」と怒鳴ってくれた人がいなければ、私も、この世の中に存在しなかった事でしょう。

 今は、60年前に戦争があったと言うことすら、すっかり忘れてるような、平和な時代です。
 母は今も、健在で、旅行に行ったり、おいしいものを食べたり、平和な時代をすごしています。

 しかし、このニュースで、母の話を思い出し、こんな、身近な人が戦争を経験していたのだ、と言うことを、あらためて考え直しているところです。
 母の話を思い出し、こんな短い文章を書いているときですら、母の過ごしてきた戦争の時代や、恐怖の体験の事を考えると、涙がこぼれそうになります。
 こんな時代には、二度となって欲しくありません・・・。

「テラ先生」の日記の人気ランキングの確認
コメント
この記事へのコメント
トラバありがとうございます
はじめまして。お母さまが東京大空襲を経験されているとのこと。身近な人から聞く体験談はきっと胸を締め付けるようなものでしょうね。
私が小学校のころを過ごした九州では、夏休み中でも原爆投下の日は登校日になっていて、原爆の話を聞く時間がありました。やはりとても怖いものでした。2度と繰り返したくないですね。
2005/03/11(金) 22:42:08 | URL | はっぱ #-[ 編集]
トラックバックどもです。
トラックバックしていただいた上、このような貴重な体験まで読むことができました。ありがとうございます。60年と言う歳月は短いようで長く、長いようで短い気もします。いつか世界中の人が、戦争は大昔のことなんだよっていえる世界になるといいなと思います。
2005/03/12(土) 01:09:57 | URL | タケシ(らくだ@) #lwc7b9uo[ 編集]
はっぱさんへ
>風にゆれてさらさらなる。
>おひさまの光にきらきらひかる。
>だからはっぱがすき。
>そんな私のよかった探し
はっぱさんのコンセプトの様に、
こんな平和な時代が続くとよいですね
(^_^)v
2005/03/12(土) 22:12:24 | URL | tera #nMGarW5U[ 編集]
イギリスのタケシさん
タケシ(らくだ@)さんへ
 イギリス・ダラムのタケシさんと、日本の埼玉の私と、ほんの少しですけど、平和な世界を願う気持ちが、通じてうれしく思います。
 イギリスの冷たい風に負けずがんばってください。
(^_^)/~
2005/03/12(土) 22:20:51 | URL | tera #nMGarW5U[ 編集]
はじめまして
トラックバックありがとうございます。
レスポンスが遅れまして、大変申し訳ありません。

私は、戦争を知らない子どもたちの子どもです。
体験談は祖父&祖母たちから聞かされました。もうだいぶ小さい頃のことだったと思うのですが、鮮明に覚えているのが不思議です。
先日の東京大空襲の日以外には原爆が投下された日や、終戦記念日など、節目節目でしか戦争について考えない私のような人間が、いずれ世の中において年輩者になったとき…と、ふと想像しました。
自分より若い世代に対して、実際に被災された方々のように正確に伝えられるとは、とてもじゃないけど思えません。まぁ、あたりまえなんですが。
忘れてはいけない歴史であるはずなのに、それを風化させることに片棒を担ぐような感じになるのでは?なんて漠然とした不安を感じてしまいました。そして、またこの不安すらもしばらくすると忘れてしまうのだろうということに対しても。
2005/03/14(月) 22:07:10 | URL | 江戸苔 #-[ 編集]
江戸苔さん、こんばんは
>節目節目でしか戦争について考えない

 本当にそうですよね。私もこのニュースで母の話を思い出しましたが、母が空襲を経験していたことすら忘れていました。せめて今度、息子や娘に話してもらうことにします。

コメントありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。
2005/03/14(月) 23:51:29 | URL | tera #nMGarW5U[ 編集]
kouhei
< こんな時代には、二度となって欲しくありません・・・。

本当にそう思います。
はじめまして TBさせてもらいます

読売新聞の社説はどうなの・・
http://love.ap.teacup.com/kouhei/
掲示板
http://8609.teacup.com/kouhei/bbs2
kouhei
2005/03/21(月) 21:59:49 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
タイトルに関連するブログ記事から内容の濃いものを独断で選んでみました。 いろいろ
2005/03/11(金) 19:18:13 | ブログにコメントGood!orBad!
【関連記事】 「非人道的」とはどういうことなのか。批判の限界(1) 「非人道的
2005/03/13(日) 16:00:18 | BigBan
3月10日付・読売社説 [東京大空襲]「明らかに『戦争犯罪』だった」 (抜粋)「もし、われわれが負けていたら、私は戦争犯罪人として裁かれていただろう。幸い、私は勝者の方に属していた」  60年前の3月10日未明、東京の下町を焦土と化した大空襲の指揮をとった
2005/03/21(月) 22:11:20 | 読売新聞の社説はどうなの・・
関連するブログ記事から内容の濃いものを独断で選んでみました。 いろいろなご意見が...
2005/04/28(木) 10:27:39 | ブログで情報収集!Blog-Headline
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。