社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クルマの魅力!???
クルマの魅力って何だろう???
20071202215251.jpg1年間で最も意味のあった
 ニューモデルを決めるという
 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカーに
 今年もプジョーがノミネートされるのには、
 ちょっと驚いている。
きっと後列、左から2番目に並んでいるのが、屋根が黒いのが、プジョー207ですね!
20071202220053.jpgホンダびいきとしては、
 カーオブザイヤーに、
 2001-2002の「初代 フィット」に続き
 2007-2008に「2代目フィット」が
 選ばれたことも、喜ばしい限りです!
アコードも強いけど、フィットも強いですね!

ノミネート10車の得点は以下のとおり。
 1位(374点)ホンダ・フィット
 2位(299点)メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
 3位(273点)スバル・インプレッサ/インプレッサWRX STI
 4位(245点)日産スカイライン/スカイラインクーペ
 5位(128点)マツダ・デミオ
 6位( 60点)三菱ランサーエボリューションX
 7位( 46点)プジョー207/207CC/207GTi
 8位( 29点)フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI
        /ゴルフ トゥーラン/ゴルフ ヴァリアント
 9位( 24点)ダイハツ・ミラ
 10位( 22点)トヨタ・マークXジオ

20071202221610.jpgたしか、
 2006-2007 10ベストカー(第一次選考対象車)にも、
 「プジョー1007」が、ノミネートされていたはず!

数多くの新型車を出した、
 トヨタ車が、たった1台で、(日本メーカーは、各車1台づつなのかな???)
 数多くの輸入車の中でも、プジョーがノミネートされるんだから・・・
 本当に、嬉しい限りです・・・。

20071202230950.jpgなお、2008年次
 日本自動車研究者・ジャーナリスト会議が
 実施している「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」では、
 「マツダ・デミオ」が、
   RJCカー・オブ・ザ・イヤーに
 「プジョー・207」が、
   RJCカー・オブ・ザ・イヤー・インポートに、輝いている!!

でも、
 トヨタ車があんなに売れていることから見ると、
 売れるクルマと、受賞のクルマって、基準が、違ってくるのかなぁ?

Web CG : 日本カー・オブ・ザ・イヤー2007-2008は、「ホンダ・フィット」に
Web CG : デミオ、RJCカー・オブ・ザ・イヤーに輝く
日本カーオブザイヤー : 公式サイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。