社会保険労務士「テラ先生」のハンズフリー・トーク
社労士「テラ先生」の業務外日誌。週末は、プジョーなどのクルマの話題です!
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年金問題セミナー
DSC00319_cut.jpg年金問題のセミナーを開催しました
 時節柄、会場はいっぱいでした。
 100人以上のお客様に
 来ていただけたのだと思います。。。

 ありがとうございました。 m(__)m
ボクの話のポイントは、ブログでも何回か書きましたが、
 (1)年金の記録が5000万件、統合されてない事の国会で指摘。
 (2)国民年金を払ったのに年金記録が消えたという人の国会での証言。
 この2つは、(まったく)別の問題なのに、「5,000万件の年金記録が消えた。」かのようになってしっていること。

 (2)の年金記録が消えた事件は、5,000万件のような膨大な数字ではないこと。
 (1)の年金記録が統合されていない件は、制度上ある程度やむを得ないことで、
   異常な状態ではないと思える。いつでも統合できるし、統合することに時効はないこと。
 (※)ただし、年金手帳などはしっかり管理してください。

ある程度、不必要な不安な気持ちを取り除いて、
 年金記録の確認の方法や、統合漏れをおこさないような手続きパターンを
 お話しさせて頂きました。 m(_ _)m
コメント
この記事へのコメント
もうひとつの年金問題!?
セミナー開催、お疲れさまでした。

わたしの場合、厚生年金に加入していた期間の記録が抜けてしまっていることは把握しているんですが(会社発行の証明? は、あります)。
そのことよりも、年金が給付されるのかどうかの方が、気になります。 (笑)
給付されますように。。。
2007/09/18(火) 11:29:21 | URL | お京 #cks3dOnk[ 編集]
お京 さん、こんにちは!
>厚生年金に加入していた期間の記録が抜けてしまっている

 今は、国民年金でしょうか?
 厚生年金の手帳は持っていますかね?
 もっていれば統合していないだけだと思います。
 仮になくしてしまったとすれば、つとめていた会社名や経歴で、手帳を再交付してから統一すれば大丈夫なケースだと思えるんですけど・・・。

>年金が給付されるのかどうか

 与野党通して、年金は給付されないと言っている政治家はいないと思います。
 国民皆年金は必要なことですねの、安心できる世の中にしてもらいたいですね。
(^^)/~
2007/09/18(火) 14:29:11 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
学生猶予の年金について・・・
テラ先生、こんにちは。

我が家のスナJr.
この春から社会人、社会保険を支払い始めて
ます。

ですが、20歳から大学卒業までの期間
国民年金の学生猶予の適用を受けてます。
この猶予は、免除ではないそうで、
猶予期間が3年を超えてから払うと、利子が
付くそうです・・。

昨今の社会保険庁の現状をみますと、
敢えて払わなくてもという誘惑から逃れられ
ません。

この規定、遡って払うことが「できる」規定
なのでしょうか?

「払わなければならない」のか、よくわかりません。

どうしたらいいのでしょうか?


2007/09/20(木) 17:15:02 | URL | スナッチャー #cE9yY6UE[ 編集]
スナッチャー さん、こんにちは!
>猶予は、免除ではない

免除は、
 世帯主も含め収入が少ないときに認められます。
 保険料を払わなくとも、保険料納付期間として認められるものです。(原則最低25年必要)
 ただし、将来受け取れる年金額は、その分、1/3等に減額されて給付されます。(でも払わなくても給付されるのですよ)

猶予は、
 30歳未満等の人で、本人(+配偶者)の収入が少ないときに認められます。
 保険料を払わなくとも、保険料納付期間として認められるのは同じですが、
 猶予は、単純に言って後払い制度ですから、あとから納付しない限り、将来受け取れる年金額は、猶予した期間分、支給されません。

では、未納とは、
 免除も、猶予も申請しないと
 「払わなければならない」ものを払っていない未納になってしまいます。
 未納だと、老齢年金の受給要件25年を満たさないばかりか、
 万が一のときの障害年金や、遺族年金も支給されなくなってしまいます。


>遡って払うことが「できる」規定
>「払わなければならない」のか、よくわかりません。

 免除、猶予は、収入が苦しい場合、後払いを認めるような制度です。
 ですから、追納しない限り、受給額は減ってしまいます。
 10年以内に払えるようになったら、払っっておいた方がいいわけです。
 3年度目からは、利息が付きます。
 逆に言うと、世帯主が今払えるのであれば、払っておいた方がいいわけです。

>昨今の社会保険庁の現状をみますと、
敢えて払わなくてもという誘惑から逃れられ
ません。

 与野党とも、国民皆年金に反対している党はないのですよ。
 国民皆年金は、なくなりませんから、払っておくべきだと思います。

 学生さんに収入がなくても、ご両親に収入があれば、猶予申請して利息をつけて後払いするより、月々払っておいた方がイイかもしれません。

 むしろ、後払いより、前納制度で1年分保険料を先払いしてしまえば、前納の割引分は、利息に換算したら相当の利息で、銀行預金しておくより、はるかに得ですからね。
(^^;)
2007/09/22(土) 09:52:50 | URL | テラ #nMGarW5U[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。